玄能・金槌・パチンコ槌・各種ハンマー製造                     HOMEサイトマップ
相豊ハンマー
           ご意見やご感想はこちらまでメールで送ってください。
blogtop 「心の章」top 「技の章」top 玄能日記 プロフィール 企業概要
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・「技の章」


・柄の仕込み (1)


ストレートに近いややテーパーに明けたヒツ穴に、

楔を打たずとも木柄が抜けてこないように仕込むには、

どうしたらいいのでしょうか。


まず一点だけ注意しておきます。

木柄を仕込む前に木殺し(木を叩いて復元力を殺すこと)をする方がおりますが、

やめていただきたいと思うのです。

そうするのではなく、

ヒツ穴より大きく作られた木柄が、

ヒツ穴内壁に強く圧迫されながら徐々に入っていくことにより、

木殺しが自動的に掛かるようにするのが正しいと思うのです。

こうすると、

ヒツ穴内壁全面と木柄が隙間なく接し、

且つ木柄の復元力が強く働き、

最適な摩擦力ではまり込むことになります。

木殺しを先にやってしまうと、

ヒツ穴内壁全面に木柄を接触させることが難しくなるばかりか、

仕込んだ木柄の復元力も死んでしまうので、

ヒツ穴内壁と木柄の摩擦抵抗も小さくなってしまいます。

木の復元力を殺さずに、生かすようにしなくてはいけないのです。
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
 関連記事
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「心の章」
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「技の章」
玄能日記 私のどうでもいい日記です。
お暇な方だけどうぞ。(笑)