玄能・金槌・パチンコ槌・各種ハンマー製造                     HOMEサイトマップ
相豊ハンマー
           ご意見やご感想はこちらまでメールで送ってください。
blogtop 「心の章」top 「技の章」top 玄能日記 プロフィール 企業概要
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・「技の章」

火造りを終えた鋼付四角玄能120匁

第五章 玄能・金槌の素材
・鋼付玄能・金槌の材質


鋼付玄能・金槌は、

鉄に鋼を張り付けて作ります。

そうすることで、

胴中(鉄)は軟らかく打撃面(鋼)を硬く作ることが出来、

使用の際には、

その軟らかな胴中が打撃時の衝撃を吸収することで、

使い心地が良くなり、

使用者の手首や肘等への負担を軽減する効果が得られると言われます。


胴中の鉄には、

炭素量の少ない軟らかなものが使われます。

打撃面の鋼には、

炭素量の比較的多いものが使われます。


因みに、

鋼の生産量及び流通量が少なく高価だった時代には、

安価な地金と少量の鋼で出来てしまう鋼付が主流でした。

その後、

鋼の生産量が急拡大する昭和30年代以降には、

鋼が安価になり始めます。

すると、

鋼を付ける手間の掛からない作業工程上有利な、

丸鋼が主流に成っていきます。

ただし、

丸鋼は鋼付よりも焼入れが遥かに難しいので、

理想的な焼入れをする為に、

鍛冶屋は大変な苦労をしたようです。



    地金に使用する日本鉄


    地金に使用する錬鉄
前に戻る     次に進む
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
 関連記事
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「心の章」
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「技の章」
玄能日記 私のどうでもいい日記です。
お暇な方だけどうぞ。(笑)