玄能・金槌・パチンコ槌・各種ハンマー製造                     HOMEサイトマップ
相豊ハンマー
           ご意見やご感想はこちらまでメールで送ってください。
blogtop 「心の章」top 「技の章」top 玄能日記 プロフィール 企業概要
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・「技の章」

 常設図書室 蔵書:鍛冶、経営、漫画

第六章 熱処理
・玄能・金槌の熱処理 (2)


焼入れは水を掛けて終わりではありません。

そのまま水を掛け続ければ、

軟らかいままにしておきたい所にも水が掛かり、

そこも冷やされ硬くなってしまいます。

また、

冷やし続けることにより、

早く硬くなった所と遅れて硬くなった所の境目に、

傷が出来ることが有ります。

これを焼傷や焼割れと言いますが、

こうなったら廃棄するしかありません。


ですから焼入れは、

硬くしたい所の火色(熱した時の色)が消えるまで急冷したら、

その後は徐冷しなければいけません。

またその徐冷の際には、

水の入った桶にちょんちょんと付けて、

冷やし続けたい所は冷やしつつ、

硬くしたくないのに水が掛かり硬く成り掛けている所には熱を戻し、

そこを軟化させます。

そうすることで、

場所により硬さを調整出来ると共に、

早く硬くなった所と遅れて硬くなった所の境目を曖昧にし、

焼き傷を防ぐことが出来ます。


なお、

地金に鋼を鍛接した鋼付玄能・金槌の場合には、

この後に慎重に焼もどしをしなければいけません。
前に戻る       次に進む
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
 関連記事
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「心の章」
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「技の章」
玄能日記 私のどうでもいい日記です。
お暇な方だけどうぞ。(笑)