玄能・金槌・パチンコ槌・各種ハンマー製造                     HOMEサイトマップ
相豊ハンマー
           ご意見やご感想はこちらまでメールで送ってください。
blogtop 「心の章」top 「技の章」top 玄能日記 プロフィール 企業概要
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・「技の章」

私と一緒に働いてみたい方はこちらまでご連絡ください!


・焼き割れを防ぐには (3)


3.焼入れ温度を越えて大幅に過熱(オーバーヒート)しないこと。


焼入れ温度までの加熱が適切に行われても、

そのまま加熱を続けて過熱させてはいけません。

過熱すると鋼の組織が粗大化し、

焼きを入れると組織が荒い状態のまま硬くなるので、

焼き割れを起こしやすく、

またその時に割れなくても、

使用中の衝撃で破損しやすくなってしまいます。


ですから、

過熱させたと思ったら一旦炉外に出して、

火色がなくなる温度(550℃)まで空冷したのち、

再度焼入れ温度まで加熱し焼入れします。


ですが殆どの場合には、

過熱すると表面に酸化膜が厚く付いてしまいます。

そうなると焼きが入りにくいうえに、

焼き肌のまま商品にする場合には仕上がりが汚らしくなってしまいますから、

いったん常温まで下げて、

酸化膜を落とした後に焼入れ直した方が良いでしょう。


なお、

大幅に過熱した場合には改善手段が有りませんから、

諦めて廃棄するしかありません。
今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
 関連記事
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「心の章」
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「技の章」
玄能日記 私のどうでもいい日記です。
お暇な方だけどうぞ。(笑)