玄能・金槌・パチンコ槌・各種ハンマー製造                     HOMEサイトマップ
相豊ハンマー
           ご意見やご感想はこちらまでメールで送ってください。
blogtop 「心の章」top 「技の章」top 玄能日記 プロフィール 企業概要
玄能日記
日々感じる事を思いのままに書き連ねてみます。
2023/01/30 褒める事や叱る事が人間の成長に大して役立たない事が分かっている。褒めて伸ばす教育を推奨する心理学者も現在では少数派に成った。結局は成る様にしか成らないという事だ。其れでも人は他人を褒めたり叱ったりする。建前では相手の事を思っての事なのだろう。だが本当は自己満足の為に違いないのだ。
2023/01/29 上手い人は自らを過小評価する。故に過小の克服に努め益々上手く成る。翻って下手な人は自らを過大評価する。故に自信満々に振る舞い益々下手に成る。だが多くの人は騙されてしまう。謙虚な上手を下手と捉え自信満々な下手を上手と捉えてしまうのだ。しかし本当に上手く成る人には其れが気に成らない。
2023/01/28 上手い人は良い仕事に巡り会える。すると良い仕事をして益々上手く成れる。この循環がとても大切なのだ。だが誰もが最初は下手糞だ。故に将来に期待してもらうしかない。ならば今は好機だ。未熟なうちに浮ついた目立ち方をする人がとても多いからだ。真摯に続ける姿を見てもらい良い御縁に恵まれよう。
2023/01/27 ノイズに溢れた産地に身を置いて私は混乱していた。科学に頼る鍛冶仕事に憧れた時期もある。玉鋼の勉強に勤しんだ事もある。だが長谷川幸三郎師匠はそんなノイズに目を呉れなかった。有触れた材料を使い勘を頼りに精度高く創れば良いものは出来る。ただ其れだけで商売を成り立たせろと励ましてくれた。
2023/01/26 上手い人は隠す必要も飾る必要もない。ただ在るだけで足りている。翻って至らない人はノイズで本質を覆い隠す。ノイズで不足を補い良さそうに見せるのだ。その手法はビジネスに於いて王道であり否定される事ではない。だが永遠に上手く成る事は無い。そして永遠に隠したり飾ったりしなくてはいけない。
2023/01/25 勝つ人が上手いとは限らない。上手い事は勝つ為の一手段に過ぎないからだ。そもそも本当に上手く成る人は勝つ事に執着がない。資質を活かして技を極める事に集中するのだ。そしてただ上手いだけで勝つ必要は無くなり静かに活躍し続ける。だが勝つ事に執着する人は何時か負ける時が訪れ引退は免れない。
2023/01/24 自分にとっての幸せとは何か?其の答えが自分らしさであり其れに巡り会う旅が人生だ。そして自分らしさを実感し易いのが身体感覚を磨く事。思い通りに且つ楽に動ける動き方を見つけ出すのだ。すると自らの最適を感じ取る感性が磨かれ始める。そして誰とも違うし違って良いという事を気付かせてくれる。
2023/01/23 教え合う事をよしとする風潮がある。だが教え合うのではなく学び合わなくてはいけないのだ。例えば事象を分析して要素分解し自分なりに解釈する。取り入れてみて細部を調整し続ける。すると感性が磨かれ教えられずとも学び取れる様に成るのだ。教えられて育った人とは別次元の世界を体験できるだろう。
2023/01/22 仕事と私生活は切り離さない。混然一体とした一つの人生と捉えているからだ。だが視点は一つに絞らない。却って散漫にさせているくらいだ。すると様々な視点の相乗効果で学びが深くなる。即ち感性が磨かれ全てから学べる様に成るのだ。この感覚が身に付くと恐れが少なくなる。何とかなると思えてくる。
2023/01/21 教えないと出来ない人が多すぎる。教えられて出来る事など僅かだというのに。多くの事は暗黙知として潜んでいる。大切な事は自ら察して読み解かなくてはいけないのだ。だが教えられる事に慣れてしまうと鈍くなる。だから群れから離れて孤独に一人で取り組もう。群れていては鈍く成り続けるだけなのだ。
2023/01/20 教えないと出来ない様では上手く成れない。本当に上手く成る人は教えられることを嫌うくらいなのだ。故に教えない事を条件に弟子を受入れようと企んだ。其れを承知で来てくれるなら上達の見込みが有る訳だ。結果として弟子達は教えなくても上達してくれる。上達するか否かは素材が全てだと言っていい。
2023/01/19 出来の悪いものが高値で売買されている。マーケティングやブランディングを駆使して良さそうに見せているのだ。玄人目に至らなさは明白だが素人は騙されてしまう。だが其れも商売の一形態として受け入れられている。ならば其れよりも遥かに良いものを創ればいい。素人でも明確に分かる程に良いものを。
2023/01/18 良質な手道具が手に入らないと泣き付かれる事が多い。職人が引退して出来なくなったというのだ。持ち込まれる見本を見れば改良の余地の残る不完全なものが多い。そもそも良質な当該品が流通していなかった事が分かるのだ。ならば完成度を上げたものを提供すればいい。熱烈な信奉者に成ってくれる筈だ。
2023/01/17 他人に出来る事や出来そうな事には手を出さない。他人がやりたがらない仕事をやる様にしている。故に今売れているものには手を出さない。必要とされるのに手に入らないものを手掛けたいのだ。そしてそんな依頼が後を絶たない。故に私は死ぬまで仕事を楽しめる。弟子達も充分に仕事を続けられるだろう。
2023/01/16 筋肉は身体操作に専念させたい。故に脱力して作業したい。云わばFR車の様に動きたいのだ。FR車なら前輪を操舵に専念させられる。翻ってFF車は前輪を駆動と操舵に充てる必要がある。故にFF車の動作は荒くなってしまう。即ち繊細な動作は脱力で獲得できるのだ。身体の駆動は重力を最大限に活かせばいい。
2023/01/15 弟子を受け入れてから腹痛が続いていた。胃が痛む程に大変な事なのだと周りからは忠告されていた。だが弟子が来てから工場内で屁をこいていない事に気が付いた。弟子に気を使って屁を我慢していたのだ。そこで我慢せずに屁をこいてみた。すると腹痛はすっかり収まったのだ。そんな事ってよくあるよね。
2023/01/14 傑作に憧れるにも二通りある。一方は傑出した技能に憧れる場合。彼は優れたものを創る為に時間と労力を惜しまない。もう一方は名声や報酬のみに憧れる場合。彼は似て非なるものを慌しく作り幻想的な物語で売り抜けようとする。所で日本のもの作りの劣化が激しい。名声や報酬の為に急ぎ過ぎているのだ。
2023/01/13 ワクチン接種後の高熱が引いた後に倦怠感が続いた。筋肉に力が入らず充分に動けなくなった。故にその状態で動ける方法を模索せざるを得なかった。すると重力を活かせば充分に間に合う事が多いと気付いたのだ。即ち身体を緩めて重力に身を任せるのだ。筋肉に頼るより遥かに正確かつ滑らかに作業できる。
2023/01/12 以前は筋肉を緊張させて身体各部の位置決めをしていた。呼吸を止めて身体のブレを押さえていたのだ。すると肩に力が入り動作は荒く成った。だが今では筋肉を緩めて作業をしている。深く息を吸い込みゆっくりと吐くのだ。すると肩の力が抜け正確かつ滑らかに動ける様に成る。緩んだ身体を標準にしたい。
2023/01/11 始めたい時に始めてきた。止めたい時に止めてきた。取り立てた理由などない。だが理由を聞かれたならそれらしいことを答える。即ち理由は全て後付けなのだ。恐らく私だけではないだろう。遺された自伝などは全てその類に違いない。故に始めるにも止めるにも理由など要らない。理由は後付けで構わない。
2023/01/10 始めるのに理由は要らない。止めるのにも理由は要らない。それなのに多くの人は理由を探そうとする。自分を納得させたいのか?誰かにお伺いを立てたいのか?だが体の良い言い訳など必要ないだろう。全ての批判を受けて立てばいいではないか。腹を括れば息を吸って吐く様に軽やかに生きられる様になる。
2023/01/09 褒められたいから始める訳ではない。叱られるから止める訳でもない。自立した人はやりたいから始めて止めたいから止めるのだ。所で褒め方や叱り方を指南する指導者は多い。だがその程度の技術で操られる人はそもそも自立できていない。褒めたり叱ったりする事で益々自立できなくさせているともいえる。
2023/01/08 褒められてやる気を出し叱られてやる気をなくす人が居る。だが褒められても叱られても状況は何も変わらない。変わるのは自らの感情だけなのだ。淡々と進められる人は其れを知っている。他人の言動ごときに自らが操られはしない事を。淡々と進める人は自らを自らの意思で冷静に操る事ができているのだ。
2023/01/07 諦めない人が居る。四六時中考え続けている。出来る方法を編み出そうとしている。些細な事象の中に足懸りを見つけようとしている。誰も目もくれない石ころにさえ注意を向ける。彼は幾らでもダイヤの原石が転がっている事を知っているのだ。諦めない人はどんな事からでも深く学べるし学ぼうとしている。
2023/01/06 自分らしく生きたいのに方法が分からないと言う人が居る。子供の頃に大人の都合に身を任せ自分らしさを失くしたのだ。だが中には自分らしさを失わない子供もいる。大人の都合を上回る強い好奇心を備えた子供だ。強い好奇心こそが自分らしく生きる為の原動力に成る。人の顔色を窺っている場合ではない。
2023/01/05 努力が報われる事は稀だ。殆どの場合に報われない。だが報われる人は知っている。正しい目標を正しい方法で正しく続ければ報われるという事を。そして正しいとは自分らしいという事。自分らしいとは身の丈に合うという事。身の丈に合うとは其れ以上を望まないという事。即ち其の人は既に報われている。
2023/01/04 努力は簡単には実らない。実力を測る術もない。故に不安に成る事もあるだろう。だが自ら選んだ道なのだ。自分を信じて歯を食いしばるしかない。すると湯が沸騰する様にいきなり変わる時が来る。かつてない自分に変わる時が来るのだ。其れは得も言われぬ経験に成る。そして何度でも経験したくなるのだ。
2023/01/03 自らを信じて勘を鍛える人がいる。他人の言葉を鵜呑みにせずに検証し続ける。すると出来るまで時間は掛かるが卓越できる。一方で自らを信じず便利な機械器具で勘を補う人がいる。他人の言葉を鵜呑みにして検証する事は無い。すると直ぐに出来るが平凡に終わってしまう。貴方なら何方の道を選ぶだろう?
2023/01/02 目利きに認めてもらえば時間は掛かるが売れ続ける。だが多くの人は辛抱できずに宣伝で良さそうに見せて売り始める。すると一時的に人気は出ても売れ続けない。故にタレントや企業の寿命は短くなった。左様に世の中は一発屋で溢れてしまったのだ。ならばこっそり深堀して実力を付ける好機と言える訳だ。
2023/01/01 効率だけを目指せば工芸品は工業製品化されていく。早く安く均一な生産を目指すからだ。そして科学的な分析で其れは達成された。だが科学は全体の一部を解明したに過ぎない。科学の外側には広大な未開地が残されているのだ。しかし多くの人には其れが見えない。感覚を磨いた人にだけ見える世界がある。
アーカイブ 1
2015/01/31~12/31
アーカイブ 2
2016/01/01~12/31
アーカイブ 3
2017/01/01~12/31
アーカイブ 4
2018/01/01~12/31
アーカイブ 5
2019/01/01~12/31
アーカイブ 6
2020/01/01~12/31
アーカイブ 7
2021/01/01~12/31
アーカイブ 8
2022/01/01~12/31
 関連記事
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「心の章」
求人連載 たった一人の継承者に向けて
未だ逢えぬ君へ送る・・・
「技の章」
玄能日記 私のどうでもいい日記です。
お暇な方だけどうぞ。(笑)